kunitachi」タグアーカイブ

本田家住宅 文化財ウィークに一般公開を見学してきました


国立府中インターを降りて、谷保天満宮方面へ。
甲州街道沿いでもひときわ目立つ大きな門と塀、奥にある赤い屋根のお屋敷。
いったいどんな人が住んでいるんだろう?と、ずっと気になっていました。


国登録有形文化財に指定され、国立市に寄贈された「本田家住宅 主屋・薬医門」。
この「薬医門」は馬に乗ったままくぐれるという大きな門です。
今回は、文化財ウィークで一般公開されているため、門が開いている貴重な場面です。


この「薬医門」に 見覚えのあ方も多いと思います。
そう、「国立歩記」の2018年秋号の表紙がまさにこちらでの撮影です。


中に入ると、主屋の屋根が剥がれ痛々しい状態です。
今年の台風の強風で屋根にかけられていた鉄の板が飛んでしまったとのこと。

おかげで中が見られるのですが、なんと、中は茅葺屋根!
鉄板で屋根を守っていたんですね。

客人が出入りした玄関。
屋号の「大観堂」が掲げられています。
土間から見た室内の様子。


土間から室内を見ると、まだまだ生活感を感じますね。
来年には、耐震工事が入るため、このような様子を見られるのは最後だったのかもしれません。


懐かしさを感じる縁側。
本田家で撮影を行った映画「シュトルム・ウント・ドランクッ」の印象的なシーンでも登場します。


一般公開の期間中は、くにたち観光案内人のみなさんが常駐し、丁寧に説明してくださいました。
見学者が次から次に来場しお忙しそうでした。
昨年の見学者が300人程のところ、なんと今年は1000人以上が訪れたそうです!
もしや「国立歩記」効果?だとしたら嬉しいですね。


「本田家住宅」の特別公開は10/27(土)~11/4(日)に行われ、現在は公開されていませんが、保存されてきた貴重な書画や資料などを、くにたち郷土文化館で展示しています。
12/9(日)まで、企画展「本田家と江戸の文人たち」を開催中です。
江戸後期に「江戸の三筆」と呼ばれたカリスマ的書家の市河米庵の書など、主に本田家10代目当主本田昻斎(ごうさい)と交流のあった、江戸の文人たちの作品を紹介しています。
また、新井玄白の「解体新書」も展示されています。
そして、新撰組ファンにとっては、少々ショッキングな展示もありますよ。

エントランスには、現在の14代目当主 本田咊夫(たかお)さんの詩が置かれていました。
この「願い」とともに、「本田家住宅」は未来へと保存されていきます。
耐震工事が完了したら、また訪れたいです。

 企画展「本田家と江戸の文人たち」
2018年10月27日(土)~2018年12月9日(日)  9:00~17:00(入館は16:30まで)
くにたち郷土文化館  国立市谷保6231
042-576-0211
アクセス

「本田家住宅」についてのお問い合わせ
国立市教育委員会 生涯学習課 社会教育・文化財担当

 


12/1(土)第7回ルッカを知る研究会「市長によるルッカ市訪問の報告&西村暢夫氏講演会」

国立市では、日伊櫻の会との共催で、イタリアのルッカ市との国際交流の推進に向けて、ルッカ市について理解を深めるための研究会を開催してきました。
これまで、歴史、食文化、美術、音楽(オペラ)などをテーマに開催し、 今回で第7回目の開催になります。
第7回「ルッカを知る研究会」
市長によるルッカ市訪問の報告 & 講演会「ルッカのスローな暮らしと食文化」

前半は、11月5〜9日に実際にルッカ市を訪問した永見理夫市長より、ルッカ市長との対談やルッカ市内の視察の報告。
後半は、BS日テレの番組『小さな村の物語 イタリア』よりルッカ市近郊の小さな村々の映像を上映し、ルッカのスローな食文化や暮らし方を西村暢夫氏が解説します。

日時:12月1日(土)14:00~16:00(13:30開場)
場所:くにたち市民芸術小ホール(国立市富士見台2-48-1)
定員:270名(予約不要・先着順)
参加費:無料

講師:西村 暢夫氏(日伊櫻の会 副会長)
1933年京都市に生まれ、東京外国語大学イタリア語科卒業。
株式会社文流取締役会長。「伊和中辞典」(小学館)編集委員。
書籍の輸入、翻訳をはじめ、イタリアの研究家として活躍。
1980年、サンドロ・ペルティーニ大統領より教育・文化・芸術銀賞を授与。
1999年、日伊文化交流に尽した功績により、イタリア政府か ら大騎士の称号を授かる。

共催:日伊櫻の会・国立市
後援:国立市観光まちづくり協会
問合せ:日伊櫻の会
Tel  :03-3293-2012 (平日午前10時から午後6時まで)
Mail:sakura@nichii-sakura.com

※過去の開催内容は国立市公式サイト
「ルッカを知る研究会(過去の開催状況)」

 


矢川まつり サマーデイズナイト 9/1(土)矢川メルカードで開催!


夏の終わりはいつもココー
夏の終わりは矢川メルカードがアツいです!
恒例となった阿波踊りに、ミュージックライブ・マジックショー、ストリートダンス、カラオケのど自慢などのイベント多数。
焼きそば、かき氷、弓矢ゲーム、ヨーヨー釣りなど、屋台やゲームも盛りだくさんです。

観てて楽しい!食べて美味しい!
第7回 矢川まつり サマーデイズナイト
開催日 2018年9月1日(土)16:00~
会場 矢川メルカード商店会(JR南武線矢川駅北口すぐ)

○阿波踊り 1回目 18:00~/2回目 20:00~
○ミュージックライブ・マジックショー
○ストリートダンス 17:20~
○プレミアム三角くじ 1回500円
○こども三角くじ 1回100円
○カラオケのど自慢 自由参加・無料!
※雨天決行ですが、パフォーマンスの中止や縮小開催になる場合もあります

主催 矢川メルカード商店街
https://www.facebook.com/Yagawa.Mercado/

お問い合わせ
ダイマツ青果 042-576-0800


Piano Pia-no(ピアノ ピアーノ) 国立旭通りに誰でも弾ける「まちなかピアノ」を設置♪

国立駅南口旭通りに、誰でも気軽にピアノが弾ける「まちなかピアノ」が設置されています。
8月は11日(土・祝)~18日(土)、9月は8日(土)~16日(日)。
午前10時から午後8時までの間、どなたでも演奏を無料で楽しめます。
もちろん観客も無料。
ぜひ、あなたのピアノの腕前を、ストリートミュージシャン気分で披露してみては

Piano Pia-no(ピアノ ピアーノ)
◆ピアノ設置場所
コミュニティスペース旭通り(国立市旭通り)
◆期間
2018年7/21(土)~29(日)、8/11(土・祝)~18(土)、9/8(土)~16(日)
◆演奏可能な時間  10:00~20:00
主催・お問い合わせ  国立旭通り商店会


「くにたちビアガーデン2018」9/17まで開催中

第4回目となった「くにたちビアガーデン2018」。
今年はたっぷり9/17(月・祝)まで開催中です!

オリジナルの共通ビアジョッキを2,000円で購入して、スタンプラリーカードをもらうと、参加の各店でいろんな割引やサービスが受けられます。
スタンプラリーをコンプリートすると、豪華賞品ももらえちゃいますよ。


参加店はマップで確認してください。
ちなみにジョッキは、昨年までのものも1,500円で参加OK!


それぞれのお店の営業時間も要チェック!


参加店の店主たちが大集合!
今年の夏は暑すぎる!
国立の個性派店主たちと一緒に飲みましょう♪

<参加店一覧>


期間中、流しのミュージシャンも登場するようですよ♪♪♪
美味しいビールと美味しいお料理で、今年の暑すぎる夏を乗り切りましょう!

くにたちビアガーデン
https://www.facebook.com/kunitachibeergarden/


“Play Me, I’m Yours 2018” ピアノ クルー募集中

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

今年の春、本誌で取り上げさせていただいた、
“Play Me, I’m Yours 2018”(さあ、私を弾いて!)
2018年3月の開催に向けて、準備が始まっています。

そのひとつが「ピアノの守り人(ピアノクルー)」募集

いろいろな人が集まってくるピアノを守ること
その場の様子を動画や写真に収め、アップしたりすることも
担うことになりますが、それは「世界とつながる」ことにも。
ちょっとワクワクする世界を味わえます!
そして、そこにいるだけで、そんな「いろいろな人たち」と一緒に
演奏を楽しめたり、ご縁でつながれたり : )

お一人、グループとしてのご参加、どちらでもだいじょうぶだそう!
ピアノ1台につき、20,000円の謝礼付き。

将来、世界に羽ばたくひとの歴史的な瞬間に立ち会える
可能性も否めませんよー。

まずは、10/14(土)、15(日)の事前説明会へGo.

[ご予約・お問合せ]
くにたちアートビエンナーレ事務局(くにたち市民芸小ホール内)
ご担当・島崎さん:shimazaki@kunitachibiennale.jp
Web:kunitachibiennale.jp


「私の八月十五日」シリーズ最新・第5巻『戦後七十二年目の証言』刊行

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

以前 本誌でも記事を掲載したことのある『今人舎』さん。
戦争の悲惨さを伝えるために終戦記念日に発行しているシリーズ
最新刊(Vol.5)を発行されました。

[詳細はこちら
http://www.imajinsha.co.jp/s20pj/0815project_index.html

今年は、
江崎玲於奈、下村脩両氏(ノーベル物理学賞受賞)
金子兜太さん(俳人)
大中恩さん(「サッちゃん」など作曲)
北村総一朗さん(俳優)
コシノヒロコさん(ファッションデザイナー)
鳥越俊太郎さん(ジャーナリスト)
安藤忠雄さん(建築家)
加藤登紀子さん(歌手)

など、合計20名からご寄稿頂き、掲載されることに。
終戦当時20歳以上の方から1歳の方まで。
それぞれの思い、それぞれの立場からの「戦後七十二年目の証言」が。

また、今回は市内の小学生が自身の家族に話を聞いてまとめた文章も掲載
本人が語り継ぐことが難しくなるなか「新たな語り継ぎの形」
を考えるきっかけになれば、との願いも込もっている作りに。

[お問い合わせ]
株式会社エヌ・アンド・エス企画
株式会社今人舎(いまじんしゃ)
編集部 中嶋舞子
〒186-0001 東京都国立市北1-7-23
Tel: 042-575-8888 / Fax: 042-575-8886
Email: nands@imajinsha.co.jp
Web: http://www.imajinsha.co.jp/

 


Wi-Fi スポット、より安全に活用を

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

さて、みなさま、本誌Vol.37「教えて! IT ワード」のコーナーで
ご紹介した[Wi-Fi 活用術]
うまく使っていらっしゃるでしょうか。

ただ、その使い方にもID, Password(パスワード)がKey となります。
現在、発行中の国立歩記・最新夏号Vol.39 では、
その場合の「注意すべきこと」を掲載しています。

Wi-Fi をうまく便利に使いながら、気をつけることもどうぞお忘れなく。

この記事を書かれているのは、
矢川駅のすぐそばに拠点を構えている「国立せいさく所」さん。

くにたち地域コラボ(通称Plum Jam)での「ごぜん塾」でも、
「PC、スマホ・タブレットお困りごと相談」の講師を
月2回ほど担当されています。
また、「パソコン・スマホ・タブレット自習室」矢川工房にて。
*開室時間や予約状況など、詳細については下記URL をご参照。
http://seisakusyo.jp/2017/02/858/

[国立せいさく所・矢川工房]
場 所:JR 南武線・矢川駅前
連絡先:info@seisakusyo.jp(Email)/050-5884-9267(電話)


石彫とはまた違う作品たち…『関敏 展』開催中

ただいま、国立の画廊 岳で『関敏 展』を開催中です。

石彫家として半世紀以上活躍されたあと、ノミを鉛筆に替えて、改めて”表現すること”を楽しんでいらっしゃる関氏。
今回の個展は、水彩を使ったやわらかなタッチの海外スケッチ作品を中心に構成されています。

この春、編集部が取材でお邪魔した時も、スケッチ仲間のみなさんと集まって和気藹々とされていた関氏。今年で87歳ですがまだまだ素敵な作品を見せていただけそうです。
ぜひおでかけください。

敏先生はお元気でしょうか?
そんなご心配のお声をききます、
とてもお元気でいらっしゃいます、
個展を開催します、
どうぞご来廊下さいませ。
     画廊岳 佐野佳世

http://kunimachi.jp/event/gaku-29/

◉『関敏 展』
2017年6月16日(金)~22日(木)
11:00~18:00(最終日17:00まで)

画廊 岳(東1-14-17)
TEL:042-576-9909
http://garogaku.com/


くにたち地図旅Vol.18「歩いて、見つける わたしのエンゲキ」 開催!

 

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

好評シリーズ、くにたちを感じる地図旅」Vol.18 をご紹介!

今回は、
6/24(土)「感じる冒険編」
7/23(日)「演じるワークショップ編」
の2回開催されます。
(どちらか一方の参加も可能)

「歩いて、見つける わたしのエンゲキ」と題し、
国立の町を歩き(1回目・6/24)、それを演じてみる(2回目・7/23)
というもの。

街劇団・えんがわカンパニーおき なお子 さんが
今回の案内人となります。

*タイム スケジュールなど詳細はこちら

地図旅のお申込みは、
https://www.kunitachikagen.com/calendar/
から。

【お問合せ】
主催:くにたちかげん 服部さん
電話:090-8462-5107
E メール:kunitachikagen100@gmail.com


「小鳥書房」さんが手芸店「むつみや」さんに!?

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

谷保駅にほど近いダイヤ街にて、50年以上営業を続けてこられた
手芸店「むつみや」さんが閉店されることに。

ところが「すこしでも多くのお客さまに手芸用品をお届けしたい」、
そういう想いを持った同じ商店街仲間の「小鳥書房」さんが、
夏までの期間限定とはなるものの、お店開きのお手伝いをされるそう。

また、「手芸店のお手伝いをするのだから」ということで、
手芸本もたくさん並べるそうです。

毎週月曜日11時〜18時の営業です。
ぜひみなさんこの機会に足を運んでみては。

くわしい内容については、こちらで随時情報がアップされるようです。


「石州流盆石の世界」第二回展 5/27(土)〜29(月) 開催

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

「石州流盆石」
さて、みなさま読めるでしょうか。
「せきしゅうりゅうぼんせき」と読みます(ぼくも今回知りました!)。

「盆石」とは黒漆塗りのお盆に、自然石や砂を用いて風景を表現する伝統芸術
約千年の歴史を持つ盆石の古来の伝統、技法は脈々と諸流に受け継がれており、
そのひとつが「石州流盆石」です。

黒漆のお盆に、匙(さじ)・篩(ふるい)・鳥の羽で砂や小石で撒(ま)くことで
つくられる自然の風景が表現されます。



遠く江戸初期に源を発する「石州流盆石」の本拠地が

現在、国立市にあるというからビックリ!
世襲制でなく代々高弟が家元を継承するため家元の居住地が本拠地になり、
現八世家元・淺井涛子氏が国立在住のためだそう。

流派全体の作品展は定期的に有楽町・交通会館(東京都内)で開かれてきましたが、
八世家元・淺井涛子氏の地元・国立で淺井氏と直弟子の作品展が開催されることに。
国立での作品展は今回が二度目。

また、会場に淺井氏と社中(直弟子)による盆石の作品を展示し、
「席打ち」というその場で作品を作る伝統の妙技も観客に披露されるそう。

「保存できない」「運べない」芸術、石州流盆石の世界を、
いわば「本拠地」・国立の[おうちギャラリー]ギャラリー ビブリオさんにて
楽しめる貴重な機会となります。

開催期間はわずか3日、5/27(土)〜29(月)です。
詳細・お申込みなどは、こちらへ。