foods」タグアーカイブ

「もうもう広場」2階レンタルスペースで美味しい編集会議

毎日暑い“酷暑日”が続いていますね。
そんな中、既に「国立歩記」編集部では、10/10に発行される「秋号」に向けて準備がはじまりました。
今回の編集会議はブランコ通りにあるアイスクリーム&ソフトクリーム専門店「もうもう広場」さんの2階のレンタルスペースを使用させていただきました。
最新号「国立歩記」の「夏のくにたちぶらぶらMAP」のコーナーでご紹介させていただいたので、ご覧になった読者のみなさんも多いと思います。美味しいアイスだけでなく、2階はちょっとした会議を行うにはぴったりなスペースがあるんです。講座やお教室にもいいですね。

そして、編集部スタッフが夢中になっているのは、会議ではなく、実は…
「もうもう広場」さんのアイスクリームの試食会です!

なんと、毎日北海道別海町から空輸されている新鮮な牛乳を使って作られた手作りアイスクリーム13種類をひと口づつ試食させていただきました。
せっかくなので「アイスクリーム総選挙」風に、スタッフの好みを投票してもらいました。
結果は…
1番人気は、季節限定「ルバーブ」!さすが大人な編集部スタッフですね。
2位は「濃厚ミルク」と「夏みかんシャーベット」が同票でした。「濃厚ミルク」はお店でも一番人気で北海道のフレッシュミルク感を感じられるアイスです。どのトッピングとも相性バッチリ!
夏限定の「夏みかんシャーベット」はさっぱりして、なんだか懐かしい“みかん”を思い出す味です。
以降、「ラムレーズン」「いちご」「キャラメル」「チョコレート」と続きます。
他にも「マンゴー」「抹茶」「ロイヤルミルクティ」などダブルの組み合わせを考えるのも楽しいですね。ぜひ、あなたのお気に入りの味を見つけてくださいね。もちろん、合成着色料、合成保存料、合成甘味料は使用していない安心の味です。
そして、トッピングのタピオカ、フィアンティーヌ(フレーク状になったクレープ生地)やチョコレートリキュール、カシスリキュール、日本酒などは、1種類「無料」です!

まだまだ商品を開発中とのことで、編集部スタッフからも試食のお礼に感想とアイデアを伝えさせていただきました。今後、地元野菜や果物をつかったオリジナルアイスができるかもしれませんよ?こうご期待!
「もうもう広場」さんは、創業時はスーパーマーケット紀伊国屋の南側にあり、その後東へ移り、今年4月にブランコ通りに移転リニューアルオープンしました。
暑い日に、お買い物途中にひと休みするにはちょうど良い場所です。1階にはカウンター席があり、イートインもできます。ドリンク(コーヒー、ミルク、カフェラテ)もあり、アイスクリーム、ソフトクリームとのセットメニューにもできます。
アイスは持ち帰りもできます。通販もあるのでお土産やギフトにも喜ばれそう。

正面に向かって右側の階段を上ると2階のレンタルスペースです。
気になる方は、お店のスタッフに声をかけて見学してみてくださいね。

撮影:小林未央

ソフトクリーム&アイスクリーム専門店
もうもう広場
東京都国立市中1-9-60(ブランコ通り)
042-576-3011
営業時間
夏期(3~9月)11:00~19:00 無休
冬期(10~2月)11:00~18:00 月曜定休
http://satoh-co-jp.sakura.ne.jp/moumou/

 


「くにたちビアガーデン2018」9/17まで開催中

第4回目となった「くにたちビアガーデン2018」。
今年はたっぷり9/17(月・祝)まで開催中です!

オリジナルの共通ビアジョッキを2,000円で購入して、スタンプラリーカードをもらうと、参加の各店でいろんな割引やサービスが受けられます。
スタンプラリーをコンプリートすると、豪華賞品ももらえちゃいますよ。


参加店はマップで確認してください。
ちなみにジョッキは、昨年までのものも1,500円で参加OK!


それぞれのお店の営業時間も要チェック!


参加店の店主たちが大集合!
今年の夏は暑すぎる!
国立の個性派店主たちと一緒に飲みましょう♪

<参加店一覧>


期間中、流しのミュージシャンも登場するようですよ♪♪♪
美味しいビールと美味しいお料理で、今年の暑すぎる夏を乗り切りましょう!

くにたちビアガーデン
https://www.facebook.com/kunitachibeergarden/


「日本の琺瑯」開催中!(〜5/9 まで)

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

現在、銀座の松屋にて、国立市在住の家具デザイナー・小泉誠さん企画監修による
第734回デザインギャラリー1953企画展「プロダクトの絶滅危惧種|琺瑯」
が開催(4/16〜5/15)されています。

昭和初期に日本での生産が始まり、キッチンで大活躍していた
「琺瑯(ほうろう)」の文化が危うくなっているそう。
*いま、琺瑯の国産メーカーは4社だけ。

琺瑯の生産・加工には「手間がかかる」ためだそう。
(そういう「手作り感・手間がかかる」というのは、
アナログ レコードにも似ている気がします)

そこで、琺瑯が出来上がる工程・デザイン・プロセスを知ってもらい、
その良さの再評価につなげたい想いでこの企画展示が開催されることに。

japanese-horo01

 

加えて、デザインサロントーク・ワークショップも特別に組み込まれています。

◎第57回デザインサロントーク
出演:小泉誠さん(家具デザイナー)

◎ワークショップ「おいしい珈琲の淹れ方」
講師:kaicocafe バリスタ 高橋由佳さん

いずれも、参加費・申込み不要です。
ゴールデンウィーク、こういったもの・ことに触れられることも
貴重かもしれませんね。

[こいずみ道具店・Koizumi Studio]
http://www.koizumi-studio.jp


第5回矢川まつり「サマーデイズナイト」

こんにちは。ライターのマーサです。
The Beatles & The Beach Boys の曲名がブレンドされているような
イヴェントが開催されます。

[開催日時]9/3(土)16:00~21:00
 yagawa-festival2016

年々盛大になっていく矢川まつり
すっかり恒例となった阿波踊りは圧巻のパフォーマンス!

商店街を歩行者天国にして、定番の焼きそば、かき氷はもちろん
お子様向けの輪投げやヨーヨー釣りなど、30ほどの模擬店も並びます。
各商店からの出し物もご期待下さい!

また事前に商店街で買い物をすると金額に応じてもらえる福引券で
当日に開催する福引抽選会にも参加できます!
(福引券配布8/10~、各店無くなり次第終了です)

問合せ先:ダイマツ(八百屋さん) 042-576-0800


完全なハンドメイドで作る極上の紅茶

みなさま、
こんにちは。ライターのマーサことMartha Hasegawa です。
今回はティー・ガーデンさんの取り組みをご紹介します。

国立市を中心に活動されている代表の指田さん
6年前から紅茶ビジネスに携わり、独立してから4年。
「個性的な本物のお茶の楽しみをお届けしたい」という思いから、
外国にも精力的に出向き、極上の紅茶を探しています。

doke-tea01

いま、お薦めしたいインド紅茶は、
・ダージリン ファーストフラッシュ2016
・ダックティー
の2種類。

doke-tea02

紅茶といえば、お菓子のお供というアフタヌーン ティの
イメージを持ちがち。
けれど、指田さんは「食事とともに、ワインのように楽しむお茶」
ご提案されています。
それを「フードペアリング(紅茶と食事のマリアージュ)」
呼んでいるそう。

アルコールを飲まない人が選ぶ、食事中の飲みものとしての
「お茶の魅力」を伝え、食事と合わせることで、
よりおいしい相乗効果も生まれるとか。

「日本では入手困難な完全ハンドメイドで作る
 極上の紅茶をみなさんに届けたい!」

そのためクラウドファンディングを実施中です。
残り43日(4/30 まで)

詳しくは、下記URL をご参照ください。
https://tokyo.dreamraising.jp/projects/doke_tea/

応援・支援をどうぞよろしくお願いします。