タグ別アーカイブ: talk

「日本の琺瑯」開催中!(〜5/9 まで)

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

現在、銀座の松屋にて、国立市在住の家具デザイナー・小泉誠さん企画監修による
第734回デザインギャラリー1953企画展「プロダクトの絶滅危惧種|琺瑯」
が開催(4/16〜5/15)されています。

昭和初期に日本での生産が始まり、キッチンで大活躍していた
「琺瑯(ほうろう)」の文化が危うくなっているそう。
*いま、琺瑯の国産メーカーは4社だけ。

琺瑯の生産・加工には「手間がかかる」ためだそう。
(そういう「手作り感・手間がかかる」というのは、
アナログ レコードにも似ている気がします)

そこで、琺瑯が出来上がる工程・デザイン・プロセスを知ってもらい、
その良さの再評価につなげたい想いでこの企画展示が開催されることに。

japanese-horo01

 

加えて、デザインサロントーク・ワークショップも特別に組み込まれています。

◎第57回デザインサロントーク
出演:小泉誠さん(家具デザイナー)

◎ワークショップ「おいしい珈琲の淹れ方」
講師:kaicocafe バリスタ 高橋由佳さん

いずれも、参加費・申込み不要です。
ゴールデンウィーク、こういったもの・ことに触れられることも
貴重かもしれませんね。

[こいずみ道具店・Koizumi Studio]
http://www.koizumi-studio.jp


“Art Brut TAMA” 4/29-5/5 開催

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

2015年に「多摩地域に住む作家さんたちの作品を多くの人に」
想いを掲げ、誕生したアール・ブリュット立川実行委員会
以前にこちらでも、その当時のことを掲載しています。

その後、この活動は継続されていますが、
このたび、「開運!なんでも鑑定団」で鑑定士を務める
永井龍太郎氏の永井画廊立川にギャラリーをオープン!

それに伴い[Art Brut TAMA(アール ブリュット TAMA)]が、
永井画廊の企画・主催にてこのゴールデンウィーク期間に
開催されます。
(協力:アール・ブリュット立川実行委員会

arttama20170429

(詳細は上記画像をクリック!)

4/29(土・祝)にはオープニング パーティー。
また、5/3(水・祝)には永井龍太郎さんのトークや
アール・ブリュット実行委員会との対談、
5/5(金・祝)には出品作家さんによるパフォーマンスというイベントも。
*これらイベント関連はいずれも15:00-17:00 に開催されます。

ゴールデンウィークに、アートの彩りを楽しむ絶好の機会ですね。

[会期情報]
期 間:2017年4月29日(土・祝日)~5月7日(日)
時 間:10:00~18:00(会期中無休)
会 場:永井画廊 立川ギャラリー


1/20(金)開催「正月は躾の始まり〜日本とイスラム世界の事情〜」

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

さて、本紙最新号Vol.37 で「ワタシの国のゆく年、くる年。」
特集し、様々な国をご紹介しています。

そして、小金井市の東京学芸大学図書館カフェ note cafe
(主催:NPO 法人東京学芸大子ども未来研究所)さんでは
「まちのカルチャー カフェ」を月一回開催中。

1/20(金)開催の8回目では、
[正月は躾の始まり~日本とイスラム世界の事情~]と題し、
藤井健志 (東京学芸大学教授・宗教学)さんと
小林春夫 (東京学芸大学教授・イスラーム学)さんを迎え、
日本の宗教とイスラームの類似性を明らかにされるそう。

worldculture

(詳細は上記画像をクリック!)

教育と宗教
どちらにも興味があるひと、どちらにも関心がないひと、問わず
楽しいお話が聞けそうですよ。

*facebook のイヴェント ページ(下記)でも参加者を募集中です。
https://www.facebook.com/events/605046083014619/

[日 程]
日 時:1月20日(金)19:00~21:00
会 場:東京学芸大学図書館カフェ note cafe
テーマ:「正月は躾の始まりー日本とイスラム世界の事情ー」
話す人:藤井 健志(東京学芸大学教授・宗教学)
話す人:小林 春夫(東京学芸大学教授・イスラーム学)
定 員:30名
参加費:1,500円(1drink付) 学生:500円
主 催:NPO 法人東京学芸大こども未来研究所

[まちのカルチャーカフェに関するお問い合わせ]
NPO 法人東京学芸大こども未来研究所
TEL & FAX: 042-312-4112
Email: codomo@u-gakugei.ac.jp
担当:小山田さん、和田さん

まちのカルチャー カフェの公式ウェブ ページは、こちら


11/10(木)第3回人権ビデオを観る会【対談あり】

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

いろいろな催し物が開催される国立のギャラリービブリオさん。
来たる11/10(木)夕刻18:30 から
「第3回 人権ビデオを観る会」が同会場にて実施されます。
*詳細はこちら

charanke-flyer

今回は金聖雄監督作品「チャランケ~アイヌ民族の人権」
ビデオを鑑賞とともに、
監督・金さん と 島田あけみさん(チャシ・アン・カラの会代表)の
対談も行われます。

人権問題について考えることのできる良い時間になりそうですね。

[開催情報]
日 時:2016.11.10(木)18時30分~
会 場:ギャラリービブリオ
参加費:500円
問合せ:090-3804-4991(押田)


7/11(月)「くにたちを感じる地図旅2016」Vol.12 開催!

こんにちは。”Art & Music” コーナーを担当している
ライターのマーサです。

今回は、継続して開催されている人気の
「くにたちを感じる地図旅2016」をご紹介します。

来たる7/11(月)にはいよいよVol.12 として、
『小さなアートシーンがいっぱいの街』をテーマに開催。

earth

大学通りに魅せられ、「好きを仕事に」されている4人の
アート関係のプロたちに遭遇できるそう。

案内人を務めるのは、「暮らしのアートギャラリーもえぎ」店主の
田中登志子さん。
田中さんもパリのシャンゼリゼ通りを彷彿させるくにたち大学通りに
魅せられたひとりで、自宅のガレージをギャラリーに改装したとか。

moegi_600

アートギャラリーをいくつか巡回したあと、
カフェにて降矢洋子さんのトークも。

地図旅のタイム スケジュール詳細申込みは、
https://www.kunitachikagen.com/2016/2987/
をご参照くださいね。

お申込みはお早めにー : )

【お問合せ】
主催:くにたちかげん 服部さん
電話:090-8462-5107
Eメール:kunitachikagen100@gmail.com