タグ別アーカイブ: live

「忌野忌(いまわのき)Vol.5」5/3(水・祝)開催!

こんにちは。
”Art & Music” コーナー担当ライターのマーサです。

国立(くにたち)のヒトとしても有名な故・忌野清志郎さん。
バンドマンであり、その独自の視点や考え方を音楽で表現し、
「ダメなものにはNo!」を真っ向から突きつける姿勢など、
2009年に亡くなってからも、その影響力の強さを
持ち続けている希有なミュージシャン。

そんな彼を偲ぶ「忌野忌(いまわのき)」が2013年に、
本のコミュニティ スペースである国立本店(くにたちほんてん)
企画としてスタート。その後、恒例イヴェントとして定着。
毎年、全国から彼の多くのファンたちが訪れています。

imawanoki-logo

これが今年のロゴ

tamaranzaka01

(写真は彼が住んでいた「たまらん坂」の一角。
亡くなってから、毎年このように訪れるひとたちが花や思い思いの品などを
供える場所となっています)

その忌野忌の第5回目となる今年2017年は、
場所を[おうちギャラリー]ギャラリー ビブリオさんに移し、規模もすこし拡大。
第一部は「ゆかりの地めぐり」、第二部は「清志郎ナイト」の二部構成。
その「清志郎ナイト」では、初の試みとなる
清志郎トリビュート シンガー「フキちゃんのロック」のミニ ライヴも開催。

今年も濃いファンたちの集いになりそうですよ!

詳細とお申込みなどは、こちらへ。

tamaranzaka02


川久保秀一 ライヴ@地球屋 7/8(金)開催

こんにちは。
“Art & Music” コーナー担当のライター、マーサです。

国立(くにたち)でとてもホットなライヴ スポットの
ひとつとしてよく知られている地球屋さん。
そこに日野市出身で、現在「むさしのFM」など多摩地域を中心に
ラジオのD.J. 活動にも精力的なシンガー・川久保秀一さんが
国立での初ライヴを開催します。

photo02-01

昨年(2015年)の七夕、シンガーとしてデビュー20周年の節目に
作詞家・松井五郎さんと作り上げたアルバム
『花はただ花であろうとするだけで』をリリース。

flowers-jacket
上記ジャケット画像クリックで、アルバム ダイジェスト視聴可)

その後、1年にわたり各地でライヴを行い、
今回ちょうどそのアルバム リリースから1周年のタイミングで国立へ。

また、FM たちかわ でD.J. をされていたときには、
国立市の一大行事である「天下市」にて、特番の生中継でその様子も
担当されているので、ご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんね。
*ぼくも以前FM たちかわ さんにて、何度もお目にかかり、
その放送ぶりを聴いていました : )

今回は、ゲストに井手麻理子さんを迎え、
「すてきなバンドたちと、心地良い “大人が楽しめる音楽”
お届けしたい」と。
川久保さんは「国立は子どももころから憧れの街だった」そうで、
今回のライヴを特別なものに、という想いで臨まれるそう。

透明感のある爽やかな声とちょっぴりユーモアのあるトークも
演奏とともに楽しめそうです!

【Live情報】@地球屋
日時:7/8(金)開場18時半/開演19時半
前売り・予約:2,800円・当日:3,300円(ともに別途1ドリンクオーダー500円)
予約:地球屋(chikyuya_info@yahoo.co.jp、 042-572-5851 )
または21dream@kawakubo.net
お問い合わせ:地球屋(042-572-5851)
国立市東1-16-13 B1
http://chikyuya.info/live/category/2016年07月

演 奏:永島広(Gt)、堀江いちろう(Bass)、田中徹(Drums)、木戸やすひろ(Cho)、
明石敏子(Keyb)、副田整歩(Sax)
ゲスト:井手麻理子