投稿者「加藤 優」のアーカイブ

『しごとバー府中』で擬似国立本店

府中の市民活動センターにて主催される『しごとバー』に
国立で「本」と「街」をテーマに活動する『国立本店』が出張します!

『しごとバー』とは、職人・NPO・デザインなど……
いろいろな働き方や生き方をしている人をバーテンダーとして招き、
お酒を飲みながらお話するイベント。

編集やデザインなどの本業を持ちつつ
地域で自由に活動している国立本店メンバーと一緒に
「本」と「街」と「しごと」について
ざっくばらんに語り合いませんか?
*予約不要。当日は、自己紹介代わりの本を一冊〜お持ちください。

【日  時】3月2日(金)19:00〜21:00
【場  所】オレンジブーツ(府中駅直結・市民活動センターセンタープラッツ内)
      http://www.fuchu-platz.jp/use/1001978.html
【アクセス】国立駅南口から「府中行き」のバスで30分

◎詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/1631903286891616/


大学通り・さくらに関するレクチャーウォーク【くにたち桜守】

国立の春の風物詩でもある、大学通りの美しい桜並木。

この風景と、健康な桜の木を次世代へと繋ぐための活動を行う
「くにたち桜守」の大谷さんによる、大学通りのさくらのレクチャーウォークが開催されます。

桜の花がほころび始める大学通りでウォーキングを楽しみながら、
国立の桜のことを、一歩深く知ってみませんか?

◎日時・・平成30年3月26日 (月)  10時~12時
◎集合とコース・・JR国立駅南口 10:00集合
 国立駅南口~~大学通りの「さくら」を解説しながらのウオーキング・
 「百年桜」を目指す樹木など~~一橋大正門(約2キロ)・・12:00解散
◎参加費・・500円 (オリジナルさくらポストカード付)
◎募集人員・・20名 (定員になり次第締め切ります)
◎申し込み・・国立市観光まちづくり協会☎574-1199
       メールまたはファックスにて申し込み下さい
       Fax : 042-574-1351 info@kunimachi.jp

【くにたち桜守とは】
市民に愛されてきた桜並木の風景を次の世代へ繋ぐため
木々の生育環境を整え、傷ついた箇所に薬を塗布するなど
国立の桜を守る活動を行っている団体です。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/k-sakuramori/


ムットーニワールド からくりシアターⅣ

国立在住の自動人形師、ムットーニ氏のからくりシアター第4弾が
八王子夢美術館にて開催されます。

自動人形や装置の動きに合わせて、音楽、効果音、光(照明)、
上演会では氏本人の語りなども入り、多くの要素が重なり合いながら
作品の世界観や物語が作られていくことから、総合芸術とも評される
「ムットーニワールド」を、ぜひ体感してみてください!
詳細:http://www.yumebi.com

開催日  2018/02/07(水)〜 2018/03/27(火)
開館時間 10:00〜19:00
     入館は閉館の30分前まで
休館日  月曜日 ※ただし、祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館
場所   八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F

上演会
会期中の土曜日・日曜日・祝日および初日・最終日に開催
14:00〜、16:00〜 ※いずれも45分程度を予定


地域で活きる、想いとアイデア ~一歩踏み出すくにたち会議~

毎年恒例となっている、国立市とくにたち地域コラボの、地域を盛り上げる講座第3弾!
(昨年は、クラウドファンディング講座でご好評いただきました)

本業の傍ら、シェア工房「Chika-ba[ちかば]」を運営する西川義信さんと、
谷保で自然素材のパン屋「パンディアン」を営む原田真理恵さんのお話を伺って、
後半は、自分の想いやアイデアを地域で実現させる方法をご一緒に考えます。

「地域でなにかをはじめたい」「想いを実現させたい」「スキルを活かしたい」
そんなモヤモヤから、具体的なビジョンをお持ちの方まで
お気軽にお申込みの上、ご参加ください!

【日 時】 2月4日(日)13:30~15:30
 その後、15:30~17:00まで懇親会(参加費500円・参加任意)
【参加費】 無料
【場 所】 KFまちかどホール
 国立市富士見台1-7-1 富士見台第一団地1号棟1階101号
 http://human-environment.com/101/access

【申し込み先】
くにたち地域コラボ
(13:00〜17:00・水休)
TEL/FAX: 042-573-1023
Mail: info@kunitachicollab.com
HP: https://www.kunitachicollab.com
※お名前と参加人数をお伝えください。


はたらく×くにたち展 絵空事じゃない夢の地図【12日(火)19時まで】

くにたちで働く人、くにたちで会社・お店を立ち上げた人の
現在の仕事と、かつて思い描いていた夢を、
国立駅北口から徒歩5分のギャラリーで展示しています。

出展者の「現在の仕事」パネルの写真と記事は、
ライターの丁寧な取材に基づいて作成されたもの。

25×25センチの白紙に社長たちが自由に描いた
「夢の白地図」パネルは、パワーを感じる力作ぞろい。

企画・運営は、のびやかに働く人を応援する
国立エリア限定の求人サイト「国立人 小さなまちの仕事さがし」です。

パンやコーヒー豆、手作りのジャム、アクセサリーなどが並ぶ「国立人マルシェ」も併設。
出展者の皆さんの仕事を、お手に取っていただけます。

期間 2017.12.1(金) – 12.12(火) 13:00〜19:00
場所 くにきたべーす/国分寺市光町1-39-9
*国立駅北口から徒歩5分。駅を出てまっすぐ北へ進み、「とんかつ ひらよし」の角を右に。

「夢を仕事にする」人が多い国立のまちで、
自分の仕事について、夢について、考えるきっかけにしませんか?

【夢の白地図】9人の出展者
・アカリベーカリー 店主 高山顕さん
・株式会社エマリコくにたち 取締役 菱沼茉莉子さん
・おへそキッチン 代表 小野円さん
・株式会社一歩堂 代表取締役 川井一平さん
・珈琲ぶんさん
・ニッポー設備株式会社 代表取締役 田中友統さん
・ノウサクジュンペイアーキテクツ 代表 能作淳平さん
・hair lounge houm. 代表 原謙司さん
・リストランテ国立文流 店長 廣田隆治さん
(五十音順)

◆イベント特設ページはこちら
https://kunitachijin.com/exhibition/

◆「はたらく×くにたち展」の様子をお知らせする【インスタグラム】はこちら
https://www.instagram.com/kunitachijin/


国立のものづくりを応援しよう! 商店街にあるシェア工房「クミタテ」

大学生が運営するカフェや
地元野菜の直売所などが軒を連ね
賑わいが生まれている富士見台の商店街の一角に、
木工クラフトに特化したシェア工房「クミタテ」がオープンします!

工房の会員になると、備え付けの機材や工具をシェアして、
趣味のDIYから商用の製品づくりまで幅広く利用できるようになります。

国立のまちにものづくりをする人たちが集まれば、さらに面白いことが起こりそうですね!

「クミタテ」では現在、
木材の自動切削加工ができる機材の導入を支援する
クラウドファンディングを実施しています。
工房の利用がお得になる支援プランもあるようです。
詳しくは下記のURLからご覧ください。
https://camp-fire.jp/projects/view/25010

クミタテHP
https://kumitate.space/


土曜日は「環境フェスタくにたち」! テーマは“心のR(リスペクト)”

みんなで参加して楽しめるエコイベント「環境フェスタくにたち」
2016年に引き続き、今年も開催されます!

会場では、リサイクル家具販売会やバザー、子どもたちのポスター展示、
たべものが買える模擬店、くにたちの市民団体・事業者の取り組み紹介のブース、
ご家庭で余っている食品を福祉団体に寄付できる「フードドライブ」なども出展。

1日を通して、国立市内で取り組まれている環境保全活動を知り、体験することができます。

2017年のテーマは、
『わたしのエコから地球のエコへ
 ~5R+心のR「リスペクト」を尊ぶエコライフ~』

「5R」とは、ゴミを出さない循環型社会の実現のための
「リデュース」「リフュース」「リペア」「リターン」「リサイクル」
の頭文字「R」を合わせた、いま世界各国で使われている指標のことです。

イベントで新しく付け加えられた「心のR」とは、
「物を大切にして、物に敬意を表す日本人の心」であり
6つ目のR「リスペクト」を表しているそうです。

「心のR」は、国立の出版社「今人舎」が編集・制作した
書籍『シリーズ「ゴミと人類」(あすなろ書房刊 全3巻)』の中ではじめて提唱してから
今年のイベントのテーマにもなり、少しずつ広がりはじめています。

当日はぜひ、マイ箸・マイコップ持参のうえ、
イベントを楽しみながら「心のR」を感じてみませんか?

【日時】
10月21日(土)10:00~15:00
*雨天決行

【会場】
くにたち市民芸術小ホール
谷保第四公園
国立市役所西側広場
*車でのご来場はご遠慮ください

【詳細】
http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kurashi/gabage/event/1494286968382.html


“ヨーロッパのような、国立のような”イラスト原画展開催【10/1まで!】

国立駅北口の「くにきたべーす」で、ギャラリー展示を開催中!

この場所は、もともと「佐藤建具店」としてドアや窓などの建具を作るお店でしたが
20年前に閉店してから、ずっとシャッターが下りたままになっていました。

その空き店舗を、ご子息の佐藤和之さんが「人が集まる楽しい場所にしたい」と、自力でリフォーム。

明るい日差しがふりそそぐ、広々としたすこしレトロな空間に。
そのままの姿を表す鉄骨はチョコレート色で、いい味を出しています。

今回、イラストを展示するのは、国立出身のイラストレーター・フミカさん。
大学通りの「銀杏書房」などで手にした挿絵本や児童文学に影響を受けているそう。
「小さなころから好きな国立のまちで、展示ができて嬉しい」と話してくれました。

ヨーロッパのどこかのまちのような、国立や谷保の風景のような……
知っているようで知らない光景と、そこに暮らす人々や、いきものたち。

想像力をかきたてられるイラストの数々を、この機会にぜひご覧ください!

開催:9/27(水)〜10/1(日)※作家在廊日は9/30(土)、10/1(日)
   13:00〜20:00

場所:くにきたべーす
   国分寺市光町1-39-9(国立駅北口徒歩5分)

HP:https://kunikitabase.jimdo.com
Facebook:https://www.facebook.com/kunikita.base/


国立の本屋さんが大集結!? 各種イベントも盛りだくさん【国立本店の夏】

8/18(金)〜8/27(日)、29(火)の期間中、
「国立本店」では本と街にまつわるイベントを開催しています!

常設展示「本屋採集」では、
40棚の本棚に、国立の書店や図書館・出版社による
「本の本」「本当にオススメする本」「子どもの本」「夏の本」の4テーマの選書がずらり。
お手にとって店内でゆっくり読むことも、購入してご自宅に持ち帰ることもできます。
国立の今の本屋事情が垣間見えるかも!?

[協力]
増田書店/PAPERWALL nonowa国立店/銀杏書房/三日月書店/古本泡山/circle[gallery&books]/みちくさ書店/飛葉堂 (佑夢)/今人舎/くにたち中央図書館

また、昨今メディアなどで注目されつつある新しい“本”の文化
“積ん読”展示企画「積ん読の山」第3弾のほか、
各種トークイベントや、製本ワークショップ、子ども駄菓子屋企画なども開催!

詳細は下記、または特設ページからご覧ください!

「国立本店の夏」特設ページ

——————————

◆展示・販売◆
●sumika(金曜夜の本屋な読書室)

[日時]8月18日(金)、25日(金)19:30〜22:30
    ※開始時間は変更の場合あり

●BOOKTRUCKがやってくる!
 移動式本屋さん「BOOKTRUCK」が国立に出店します!
[日時]8月29日(火)11:00〜18:00

◆トークイベント・発表会◆
●読書感想文ナイト

 アレは一体何だったんだ?多くの人が思った(はず)なあの疑問を語り合う。
[日時]8月21日(月)19:00〜20:30
[参加費]無料(ワンドリンク制)
[申込]不要/気軽にお越しください。

●あの本屋さんと座談会
◇その1:H.A.Bookstore 松井祐輔さん
[日時]8月24日(木)20:00〜22:00
◇その2:BOOKTRUCK 三田修平さん
[日時]2017年8月29日(火)19:30〜21:30

[参加費]1500円(1ドリンク込み)
[定員]10名(申込優先)
 ※お申し込み方法はこちらからご確認ください。

●読まず嫌い王選手権
 オススメ本に隠された“積ん読”を見破る、新感覚ビブリオバトル!
[日時]8月26日(土)16:00〜18:00
[定員]4名(観覧は自由)
[参加費]お試し企画の為、無料(ワンドリンク制)

◆ワークショップ◆
●製本Bar「ドイツ装丁」

 ゆるゆる飲みながら製本について学ぶ。
[日時]8月26日(土) 18:00-22:00
[定員]2〜3人(飲みに来る人は際限なく)
[費用]参加費500円/ドリンク別300円~
[もちもの]特に無し

●国立こどもかし店(駄菓子屋さん)
 軒先で駄菓子やレモネードを販売します!
[日時]8月27日(日)11:00〜16:00
[参加]本づくりワークショップ「ぼくもわたしも小説家」や「駄菓子屋お店番体験」もできます/事前申込不要

◆かき氷「頂」がやってきます!◆
 国立五天の藤田くん特製ホワッホワなかき氷をどうぞ。
[日時]8月26日(土)13:00〜18:00
[金額]ひとつ600円前後を予定

国立本店
国立市中1-7-62 ※八百屋「しゅんかしゅんか」向かい
http://kunitachihonten.info


農業プロジェクト「よんあーる」が9月限定プレ会員募集(無料)

一橋大発の農業プロジェクト「よんあーる」
期間限定会員を募集しています!

よんあーるの複数の農園に通い、メンバーで一緒に野菜を育てます。
畑で開催されるイベントにもご招待。

9月の一か月間限定の先行会員の募集です。
身近に「農」のある生活を体験してみませんか?

【活動日】
基本的に9月のすべての土日、及び平日も開催しています。

【参加頻度】
好きな時に、好きな畑に行くことができます。
毎日通ってもよし、週末暇なときに行くのもよし。

【対象】
18歳~40歳くらいまでの方を中心にどなたでも。

【料金】
プレ会員の登録は完全無料です。

【場所】
畑は、今回は国立など西東京から埼玉のエリアになります。

◆詳細はこちら!
https://goo.gl/bBwxS4

よんあーる
自分たちの手で生産から販売まで行うプロジェクトをはじめ、
農の現場のメディア発信などを行っていきます。
http://www.4-a.jp


【祝50周年!】富士見台団地幼児教室「風の子」

今年6月25日、富士見台団地幼児教室「風の子」
50周年を祝う式典が開催されました。

式典には富士見台団地自治会長、事務局長、風の子のOB、国立市長も駆けつけ、
園児たちが合唱を披露した「風の子の歌」の作詞・作曲を手掛けた秋満正子さんの参加もありました。

式典のあとは、とん汁、梅ジャム、梅ジュース、炊き込みご飯、ソーセージ、珈琲が販売され、
園庭のテーブルでは、子どもと一緒に父兄もランチを楽しみ、なごやかな時間が流れていました。


50年前、「風の子」はどのようにしてはじまったのでしょうか。

時はさかのぼり、空前の“団地ブーム”が巻き起こっていた1965年のこと。
夢の団地暮らしへの期待を胸に、富士見台団地には定員の何倍もの入居希望があったそうです。

世帯数が大幅に増え、子どもも増えた団地の周辺には当時、子どもを預けられる施設がありませんでした。
そのため、3歳児保育を希望する親たちが会合を重ね、第一団地・第三団地の集会所を借りて
自主保育を始めたのが、幼児教室「風の子」のはじまりです。

以来、「思いっきり遊べる元気な子」を目標に、
富士見台団地自治会・保育者・保護者が一丸となった、自主運営・自主管理の保育が、
50年間ずっと続けられてきました。

「時代が変わっても子どもは変わらない。子どもの育ちに大切なものも変わらない。
 保育者と保護者が子どもにとって大切なことはなにかを
 考え学び合い保育している幼児教室の基本は、
 変わることのない特徴であると自信を持つようになりました。」

 ーぼくも わたしも 風の子 4ページ「五十周年をむかえて」より

広々とした緑豊かな園庭で、自由な感性で思うままに遊ぶ子どもたち。
ほどよい距離感でその様子を見守り、子どもたちと同じ目線で接する保育者の皆さん。
「風の子」で思いっきり遊んだ記憶や体験は、風の子OBたちにとってもかけがえのない思い出になっているといいます。

幼児教室「風の子」の思いが、これからの国立のまちの未来へと続いていきますように。
50周年おめでとうございます!

国立富士見台団地幼児教室 風の子
国立市富士見台3-7
TEL&FAX:042-576-4898
(月〜金曜日9:00〜12:00/水曜日のみ11:30まで)
http://sites.google.com/site/kunitatikazenoko/


“食べる楽しみ”をいつまでも大切にしたい。「すずらん」のレシピ集を応援しよう!

旬の国立野菜をつかって、お出汁を効かせた
からだに優しいお弁当の宅配サービスを行って、
今年の11月でなんと30周年を迎える「すずらん」さんが、
はじめてのクラウドファンディングに挑戦中!

※クラウドファンディング……インターネットを活用してプロジェクトの認知を広め、賛同者から寄付を募る手法です。

「子どもからお年寄りまで、ご自宅で
 手作りの美味しい食事を味わってもらいたい」

「年齢を重ねても、いつまでも食べる楽しみを感じられるように」

そんな、30年にわたる試行錯誤や思いを、
レシピ集にまとめて、次世代へとつなぐ取り組みです!
ぜひ、クラウドファンディングで支援しませんか?

◎レシピ本の詳細、支援の方法、支援へのお礼の内容はURLから!
 http://faavo.jp/tokyotamachuo/project/1988

特定非営利活動法人 すずらん
高齢者通所介護サービスを運営しています。
住所 国立市谷保6835-1
TEL 042-571-5825