関敏 作品インターネットMAP 随時更新中です

『国立歩記』38号をお読みいただきありがとうございます。

KUNITACHI INFOMATION FILE内で取り上げた、国立ゆかりの石彫家・関 敏(せき びん)氏。

国立市内のアトリエにて

国立市内のアトリエにて

精魂込めた作品の位置が一目でわかるGoogle Mapを随時更新中です。

お参りの時に見かけるこの牛や、

座牛(1973年/黒御影石/谷保天満宮)

座牛(1973年/黒御影石/谷保天満宮)

ゴリラ公園のとなりで見守ってくれているようなこの像も、

襞(1987年/黒御影石/くにたち市民芸術小ホール)

襞(1987年/黒御影石/くにたち市民芸術小ホール)


関氏の作品。

テーマによって石材を使いわけているため、バラエティに富んでいる関作品は、公開(一部、予約が必要)されているものだけで市内に20点近くもあるんです。

16804648_1082606995201013_643525690_o
アトリエにたたずむ関氏。
この空間からたくさんの作品が生まれました。
ノミなどの道具も手作りなのだそう。

日に日に暖かさが増し、桜のたよりも聞こえてくる季節になりました。
散策コースにぜひお加えください。

◉関敏作品 国立MAP(Google Map)
https://drive.google.com/open?id=1d6OFxQk4Haqrgr6klWSOfMW_DI8&usp=sharing

LINEで送る