投稿者「サミー」のアーカイブ

「兼松講堂コンサート」中止&「佐野書院室内楽シリーズ」延期のおしらせ

新型コロナ・ウィルスの感染拡大状況や大規模イベントの自粛要請等に鑑み、以下2公演が中止及び延期になりました。
チケットの払い戻し方法については、下記をご参照ください。

http://www.josuikai.net/circle/josuiconcert/

【中止】
■■ 5月24日 第34回「くにたち兼松講堂 音楽の森コンサート」■■
『ベートーヴェン/ピアノ協奏曲「皇帝」&三重協奏曲』

①国立市内のチケット取扱店でお求めの方
・チケットをご持参のうえ、お買い求めの取扱店までご足労をお願いいたします。

②「NPOおんがくの共同作業場」に電話にてお申し込みになった方
・チケット代金の払い戻しについて、改めて同NPOよりお手紙にてご案内差し上げます。

③ホームページや、FAXあるいはTELにて、直接事務局にお申し込みになった方
・チケット代金の払い戻しについて、「ボランティアチーム・如水コンサート企画」より
メールまたはTELにてご案内差し上げます。

〔払い戻し期間〕
4月6日~5月31日

【延期】
■■4月19日 第16回「佐野書院室内楽シリーズ(2020)」■■
『ベートーヴェン/チェロとピアノのための全作品演奏会 Ⅱ』 →→ 10月25日(日)に振替

①10月25日の公演には4月19日のチケットが使用できます。

②10月25日にご来場頂けない方
A.「年間3公演セット券」をお求めの方
6月28日の第17回『吉野直子のハープでめぐる音の旅』公演会場にて第16回公演の払い戻し(@3,300)をいたします。
「年間3公演セット券」は切り離さないよう、そのままご持参ください。

B.「4月19日公演の単券チケット」をお求めの方
■国立市内のチケット取扱店「白十字」でお求めの方
――チケットをご持参のうえ、お買い求めの取扱店までお願いいたします。

■ホームページまたはFAXにて、事務局に直接お申し込みになった方
――事務局までお知らせください。ご相談のうえ払い戻しいたします。

(事務局)
→ kawara-h@td5.so-net.ne.jp /(M) 090-8495-4582(瓦林)

〔払い戻し期間〕
4月6日~6月28日


【募集中】梨の花粉付け2020 体験ボランティア

 桜の花が満開になるころ、真っ白な梨の花が咲き始めます。それから約1週間の間、市内に残る2軒の梨園では、数が少なくなったミツバチの代わりに人手で行う梨の花粉付け作業が最盛期を迎えます。
梨の花粉付け作業をお手伝いくださる体験ボランティア、あるいはミツバチさんを募集しています。
真っ白な花でいっぱいの梨園を一度見てみたいという方、花見の予定が葉桜見になってしまいそうな方、半日で構いません、軽作業を手伝いながら満開の梨の木を見にいらっしゃいませんか?

https://seisakusyo.jp/knv/2020/03/23/724/?fbclid=IwAR00Mq1GPBST3R1g43RV-7O-ja2phX1qgyfhk0uQkI-esHb0LLDu2be4ENw

[日時] 3月下旬から4月始めの2週間ほどの間で、ご都合の良い半日、あるいは一日。
作業時間は、午前が9時から12時、午後が13時から16時です。
☆ 複数日お手伝いいただけると、更に助かります。
☆ 天候によっては作業できない日もありますこと、あらかじめご容赦ください。

[作業場所] 市内梨園(谷保駅から徒歩5分、駐車場無し。徒歩、自転車でお越しください)

[報酬] 無償。
収穫期、収穫に応じて、園主さんから梨のお福分けがあります(天候不順などで収穫量が激減した場合はご容赦ください)。
交通費・お弁当は各自でお願いいたします。

[主催・申し込み] くにたち梨園ボランティア事務局
電話   070-1323-7474
メール knv@kusanone.jp
ホームページ https://seisakusyo.jp/knv
Facebook https://www.facebook.com/knv74/

(「市報くにたち」3月20日号にも募集記事が掲載されています)


[セミナー]ともにつくる地域 外国/日本ルーツの人々と


「ともにつくる地域 外国/日本ルーツの人々と」
https://www.kunitachicollab.com/information/8239/?fbclid=IwAR0StC3CfZJv6GLDlcHRvWTlqclGe_YeUlTyO5fcjW03J9QE4qTvXjMoF_Q

ここ数年、国立市では年100人近く外国ルーツの市民が増えています。
学校や商店街、雇用や医療などの現場でも、彼女/彼らがいつのまにかともに暮らす存在になっていることに、気がついている人も多いのでは?
ともに地域をつくる担い手として、これからどのような未来を描いていくのか、そのためにはどんなことが大切か、できることを一緒に考えてみましょう。

2019年度のくにコラ研修事業のテーマは、
「ともにつくる地域 外国/日本ルーツの人々と」

国立市では年に100人前後増えている外国ルーツの住民。
学習支援の現場でも 日本語サポートのニーズが増えています。
国のさまざまなデータや調査結果もうかがいながら
地域の大事な担い手として、ともにつくる未来を考えていきたい。
そのきっかけになりますように。

日程 2月2日(日)13:30~15:30 

 第一部 13:30~14:00 講演会
     14:00~14:15 学習支援や雇用の現場から
 第二部 14:20~15:30 「ともに暮らすカードワーク」
 第三部 15:45~17:00 懇親会(自由参加 参加費500円)

場所 KFまちかどホール(富士見台第一団地1号棟 プラムジャムとなり)
講師 是川夕氏(国立社会保障・人口問題研究所 博士/社会学)
定員 40名 (どなたでも参加できます)
参加費 無料
お申込み・お問い合わせ くにたち地域コラボ事務局 info@kunitachicollab.com


こどもの食物アレルギーおしゃべり会

最近ますます増えている、子どもたちのさまざまなアレルギー。

子どもによってそれぞれ症状もアレルゲンも違うけれど、ほんとにこのやり方でいいのかしら。親はいつでも悩みますよね。

100%解決策はないかもしれないけれど、ほかのひとはどのように対応しているのか、その悩みや先輩たちの工夫を知ることができるのが「おしゃべり会」

ひとりぼっちで悩まないで、シェアすることでちょっと元気もでてくるかも。ご参加お待ちしています。

クリックで拡大します

◉こどもの食物アレルギーおしゃべり会
日時:10月26日(土)10時半〜12時 
会場:つちのこや(国立市谷保5119 やぼろじ内/駐車場なし・駐輪場あり)
対象:食物アレルギーの乳幼児および小学生の保護者
定員:6家族 お子様連れ歓迎
参加費:無料
講師:大坂和美(国立市食物アレルギーサークル「にこにこ」主宰)
主催:つちのこひろば(国立市地域子育て支援拠点事業)
協力:国立市食物アレルギーサークル「にこにこ」
Facebookページ https://www.facebook.com/niconicoallergy/

webフォームにてお申し込みください https://ws.formzu.net/fgen/S11301744


100歳の彫刻家 関 頑亭 魂の世界展

会場の様子(くにたちNAVIより)


国立に生まれ、今も国立在住の彫刻家・関 頑亭氏の展覧会が10月31日まで開催中です。
彫刻にとどまらず、絵画や建築、わたしたちが普段目にしている国立市章もデザインしたというマルチな才能は、まさに「国立のダ・ヴィンチ」。
長く交遊がある、株式会社サトウのコレクションが中心の展示です。

100歳の彫刻家 関 頑亭 魂の世界展
~10月31日(会期が変更になる場合があります。お出での際には念のためお問い合わせ下さい)
午前10時~午後5時日曜、祝日定休
会場:明窓浄机館(国立中2丁目4−3)
料金:100円(小学生以下無料)
お問い合わせ先:明窓浄机館 TEL:042-576-0561(株式会社サトウ総務部)


視覚と嗅覚で楽しむ1930年代のパリ 「ブラッサイと香水」イベント

一橋大裏の閑静な住宅街に、世界的なアート写真を扱うエージェントがあるのをご存知ですか?
日本における写真の位置を芸術にまで高めた、故・石原悦郎氏のオフィス兼ギャラリー「ツァイト・フォト」です(詳細は10/15配布の『国立歩記』48号で)。

ブラッサイ「宝石の女」1932年


普段は予約制のギャラリーですが、10月11日より開催の『ブラッサイ展』では、金・土はオープン(火・水・木は要予約)。それに伴い、ブラッサイの世界そのままの、”コケティッシュで退廃的な夜のパリ”をテーマにした、対話による鑑賞イベントが催されます。

バーやナイトクラブ、アヘン窟。ブラッサイがフランスパリの街を撮影していた1930年代。時には危険と隣合わせの中で見つけた生き生きとしたパリの真の姿の街中には、一体どんな香りが溢れていたのでしょう?当時のフランスを代表する香水をご紹介しながら、みなさんで作品を鑑賞します。ブルジョワ(社交界)とドゥミモンド(裏社会界)双方の視点から厳選したヴィンテージ香水のコレクションと、ブラッサイの世界をぜひ御堪能ください。

◉ブラッサイ展
10月11日(金)〜12月21日(土)
金・土 11:00〜17:00(火・水・木は予約のみ)


[イベント]
ヴィンテージ香水からブラッサイの「夜のパリ」を楽しみませんか?
10月26日(土)16:00〜17:00
参加費:1500円(ティータイムつき)
予約:odagawa@zeit-foto.com
定員:10名

[会場]
ツァイト・フォト
国立市中2-22-33
tel/fax 042-505-8838
www.zeit-foto.com/


国立せいさく所:夏のICT超入門講座

国立せいさく所で、3次元CAD、電子工作、プログラミングの各ICT(情報通信技術)のテーマをそれぞれ2時間で学ぶ「超入門講座」が始まっています。
来年度からいよいよ小学校ではプログラミング教育が必修に!
親子で参加してみてはいかがでしょうか?

◉国立せいさく所:三電プ!夏のICT超入門講座
https://seisakusyo.jp/2019/08/1770/?fbclid=IwAR335nXHNjo2MkPBGeYaJ0_fyc4ZA9S-5hhdWvfcIhefCjbEyfoqohaZBXA

8月9日 (金) 10:00〜12:00 3次元CAD
8月11日(日) 10:00〜12:00 電子工作
8月12日(月) 10:00〜12:00 プログラミング
8月13日(火) 10:00〜12:00 3次元CAD
8月15日(木) 10:00〜12:00 電子工作
8月16日(金) 10:00〜12:00 プログラミング
8月17日(土) 10:00〜12:00 3次元CAD
8月18日(日) 10:00〜12:00 電子工作
8月19日(月) 10:00〜12:00 プログラミング
(同じテーマの講座の内容は同じです)

対象:小学4年生〜シニアまで。小学生は保護者同伴、中学生は保護者の同意が必要です。
場所:プラムジャム(富士見台第一団地1号棟1F 「とれたの」となり)
定員:5名
参加費:資料代 各回500円(3テーマを受講した場合は計1,500円となります)
持ち物:特になし。PCの持ち込み可、その場合はメールアドレスが必要。
申し込み・問合せ:下記メールアドレスまでお願いいたします。
         info@seisakusyo.jp


令和初踊りはどこにする?国立の盆踊り

7月15日は新暦のお盆。
お盆といえば盆踊りですね!
今夏も、14日の谷保天さんを皮切りに毎週末、市内各地で盆踊りが開催されます。

上手でもそうじゃなくても楽しいのが盆踊りのいいところ。
お気に入りの浴衣で決めてお出かけください。

国立市内の盆踊り日程

7月14日(日) ※雨天の場合:15日(月・祝)
・谷保天満宮(主催:坂下町内会)
7月20日(土) 
・矢川いこいの広場(主催:青柳中央会)
7月20日(土)・21日(日)
・nonowa 国立 WEST 南口入口側 旧駐輪場(主催:国立一番街商店会)
・谷保第二公園(主催:富士見台二丁目自治会)
7月26日(金)・27日(土) 
・第二小学校(主催:国立市三和会)
7月26日(金) ※雨天の場合:27日(土) 
・たまご広場(主催:国立富士見台団地自治会)
7月27日(土) ※雨天の場合:28日(日) 
・東京みどり農協国立支店駐車場(主催:久保町内会)
・谷保第六公園(主催:富士見台三丁目自治会)
8月2日(金)・3日(土) 
・第二小学校(主催:国立西の会)
・矢川上公園(主催:富士見台四丁目自治会)
8月3日(土) 
・四軒在家公園(主催:四軒在家自治会)
・富士見台幼稚園 駐車場南(主催:千丑町会)
・谷保浄水公園(主催:石神自治会)※雨天の場合:4日(日)
・第七小学校(主催:下谷保町内会)
8月3日(土)・4日(日)  
・オリンピック国立北店 駐車場(主催:国立市立東商店会)
8月10日(土) ※雨天の場合:11日(日) 
・青柳稲荷神社(主催:青柳自治会)
8月23日(金)・24日(土) 
・谷保第一公園(主催:富士見台一丁目自治会)
8月24日(土)※雨天決行:体育館 
・第四小学校(主催:北二丁目みどり会)

くにたちNAVI https://kunimachi.jp/topics/bonodori2019/?fbclid=IwAR1cL5l4yy4iRVU6SCNdRiEK4gS5VWMdZRQbvl2pm9nQQoB5um8uf5lIp_Y


中道カフェが 伊勢丹立川店にイベント出店中

矢川駅そばのくにたち野菜工房 中道カフェが伊勢丹立川店にイベント出店中です。

1階エスカレーター前のSOL(スライス オブ ライフ)で5月14日まで。
パウンドケーキやオランジェット(オレンジピールのチョコレートがけ)、キャラメルなど、国立で獲れたハチミツや夏みかんなどを使ったスイーツは母の日の贈り物や、GWの帰省のお土産にぴったり!

くにたち野菜をたっぷり使ったメニューでおなじみの中道カフェ。
イベント開催中も店舗は通常営業なのも嬉しいですね。

伊勢丹立川店
TEL:042-525-1111
営業時間:10:00〜19:30
https://www.isetan.mistore.jp/tachikawa.html

くにたち野菜工房 中道カフェ
国立市富士見台4-12-11
TEL:042-848-4991
11:30~22:30(日・祝〜20:30)
月曜定休
Facebookページ https://m.facebook.com/nakamichicafe/


10連休に新しいことを学ぼう!「3次元CAD集中講座」

いよいよゴールデンウィーク。
しかも今年は10連休です!
たっぷりある時間を、学びに使うのはいかがでしょうか?

建築や医療、最近は食品製造など、さまざまな分野に進出している3Dプリンター。
手先が不器用でも、思い通りのモノが作れる”夢のツール”です。
入り口となる3次元CADを使って、思い通りのモノを思い通りにデザインしてみましょう。一つくらいなら講師がプリントしてくれるかも!?

コーヒーカップからオリジナル家具まで、立体的なアイデアを形にできるアプリをつかって、モノづくりの基本に挑戦してみませんか。自分でつくったものには愛着も湧き、修理しながら長く使うことでごみの減量にもつながります。3回連続講座で、3次元CADの基本を学びます。

日時:
①4月27日(土)・28日(日)・5月3日(金)
②4月29日(月)・30日(火)・5月5日(日)
 ①②いずれかの3回連続、いずれも午前10時〜正午

場所:プラムジャム(富士見台1-7 「とれたの」隣)
講師:隈井裕之(国立せいさく所)
定員:6名(申し込み先着順、3日間参加可能な方に限ります)
費用:1500円(資料代、初回集金)
持ち物:メール受信可能なノートパソコン(性能要件あり)
申し込み:電話、またはメールで「くにたち地域コラボ 事務局」へお申し込みください
 電話:042-573-1023(水、土、日、祝を除く午後1〜5時)
 メール:info@kunitachicollab.com

◉くにたち地域コラボ
https://www.kunitachicollab.com/information/7806/?fbclid=IwAR0pD84GCBj5CoVwmSstQI-xDe0Vl7whFwzcuLARFXPavXuy8QpQWvtdXrM


梨の花粉付けボランティア 募集中!


国立は大学通りやさくら通りの桜がピークですが、白い梨の花もそろそろ満開だとか。
ただいま、市内の梨園で花粉付けボランティアを募集しています。
夏の終わり頃に実る、ジューシーな果実を楽しみに待ちながらの作業は、また違った感動を味わえるはず!ぜひご参加ください。


くにたち梨園ボランティア
梨の花粉付け2019 体験ボランティア募集
https://seisakusyo.jp/knv/2019/03/21/638/

[日時] 4月始めの10日間ほどの間で、ご都合の良い半日、あるいは一日。
作業時間は、午前が9時から12時、午後が13時から16時です。
☆ 複数日お手伝いいただけると、更に助かります。
☆天候によっては作業できない日もありますこと、あらかじめご容赦ください。

[作業場所] 市内梨園(谷保駅から徒歩5分、駐車場無し。徒歩、自転車でお越しください)

[報酬] 無償。
収穫期、収穫に応じて、園主さんから梨のお福分けがあります(天候不順などで収穫量が激減した場合はご容赦ください)。
交通費・お弁当は各自でお願いいたします。

[主催・申し込み] くにたち梨園ボランティア事務局
電話  070-1323-7474
メール knv@kusanone.jp
ホームページ https://seisakusyo.jp/knv


自然の宝庫・矢川流域がこの1枚に!『くにたち水めぐりマップ』


3月31日、『くにたち水めぐりマップ』が発行されました。
昨年末から矢川の水量が減りはじめ、1月末には涸れてしまったことをきっかけに制作されたとのこと。
学校やイベントを通じて、国立市内の子どもたちに無料配布される予定です。

矢川、ママ下湧水は、そこに生息するサカナ、トンボ、アメンボたちの命を育むだけでなく、私たちにとっても大切にしたい、くにたちの「宝もの」です。
谷保天満宮から城山、そして滝乃川学園、さらに多摩川と続く青柳崖線は、くにたち市の中で最も緑が残っているところです。
(略)
かつてはどこにでもあたりまえのようにあった”ホッとする風景”が、ここには残っているのです。
一見無駄に思える場所かもしれませんが、10年、20年、そして次の時代に残していくことは、きっと大きな意味を持つことだと思います。たとえどんなにわずかでも、身近な自然は私たちにとって、かけがえの無いものです。

国立市の豊かさを支えてきた矢川。
今年のゴールデンウイーク・夏休みは、このマップを手に矢川散策などいかがですか?

『くにたち水めぐりマップ』
制作:くにたちの自然を守る会 大谷和彦 TEL&FAX:042-535-2723
イラスト:内藤惠
コーディネーター:小林沙千華