【国立歩記38号レシピ】春の香りの手まりずし

国立の商店街の平和を守る“やほレンジャー”が目印の
今号のレシピページで紹介するのは、
お花見やピクニックにもぴったりな、箱詰め手まりずし。

レシピを紹介してくれたのは、季節のお料理教室を主宰するいづいさちこさん。
いづいさんならではの彩りゆたかな手まりずしは、
ふたを開けた時にちょっとした驚きがあって、会話もたのしくはずみます。

・いづいさんの著書「箱詰めもてなしレシピ」「箱詰めおやつの贈りもの」(誠文堂新光社)
 

ブログでは、誌面で紹介しきれなかった“酢飯”のつくりかたを
いづいさんのレシピ本「箱詰めもてなしレシピ」からご紹介。
ごまとしょうがの香ばしさが、食欲をそそります。

材料(4人分)
炊きたてご飯……2合分
A 酢……………40ml
  砂糖…………14g
  塩……………7g
白ごま………大さじ1・1/2
しょうが(みじん切り)…大さじ1・1/2

作り方
1 Aを混ぜる
2 飯台に炊きたてご飯を入れ、1をまわしかける。
 しゃもじで切るように混ぜて全体に広げ、うちわで一気にあおぐ。
3 白ごまとしょうがを加えて混ぜる。

彩り豊かなお弁当を引き立てるのは、
いづいさんも愛用する「木曽ヒノキの枡重」です。

ヒノキは炊いたごはんを保存する“おひつ”の材料としても使われています。
保湿効果が高いので、冷めてもごはんがふっくら。ほんのりヒノキのいい香りも。

暮らしの道具を取り扱う『musubi』の坂本さんも、
「ピクニックや子どもの運動会にも大活躍です!」と一押しします。
ふだんのおかずを詰めるだけで、ワクワクたのしい気持ちになれそうですね!
商品の詳細はこちら→http://www.musubiwork.jp/?pid=81037010

くにたちの食卓 いづい
国分寺市光町1-4-20
お料理教室へのお問合せはHPから。
http://www.kunitachinoshokutaku.com

musubi
国立市富士見台1-8-37
OPEN 12:00-18:00
日・月休
http://www.musubiwork.jp

LINEで送る